「産経新聞元ソウル支局長・加藤達也氏」の講演会が明日開催!

 いよいよ「産経新聞元ソウル支局長・加藤達也氏」の講演会が明日開催されます。
予約の必要ありません。当日会場にお越し頂ければ参加出来ます。
朝鮮半島の情勢がキナ臭くなっています。本日アメリカで米中会談が行われていますが、北朝鮮問題に対して如何なる結論で合意するのか気になるところです。
 質疑応答の時間も設ける予定でいます。大勢の皆様のご参加をお願い申し上げます。
日 時:平成29年4月8日(土)13時会場  13時30分開演
場 所:藤沢市建設業会館 4階 藤沢市役所裏・ハローワーク隣     
参加費:大人1000円  学生:500円
  主催、問合せ先:日本の安全保障と歴史教育を考える会
                       0466-65-5555

一刻も早く朝鮮半島の有事に備えよ!

韓国に帰任した長嶺大使が大統領代行に面会を求めましたが、残念ながら拒否されたとの事です。何も権限を持たない代行と話しても『時間の無駄』との思いが至らない筈も無いのに不思議で仕方が有りません。
5月の大統領選前にも北朝鮮へアメリカが攻撃する可能性も有るので、在留邦人に対して帰国の準備を要請する為かな?と思ったりします。
万一、南北朝鮮間で戦闘が起きた場合、北は日本国内の米軍基地や、原子力発電所、首相官邸などがミサイル攻撃すると想像されます。更に南北朝鮮から100万単位の難民が日本海側に押し寄せるでしょう。トランプに倣って海岸線に壁を作らなければなりません?この様な安全保障上大きな危機に瀕しているにも拘らず、詐欺師・籠池の馬鹿げた報道ばかりのメディア関係者の頭の中を覗いて見たいですね!
一刻も早く自衛隊による敵地攻撃を整備し、万一に備えなければなりません。

最早、民進党は北朝鮮並の敵対政党です!

北朝鮮が今朝、飛翔体なる飛道具でアメリカを挑発しました。未だアメリカ本土までは届かないようですが、国家財政の大方を核開発とミサイルに注ぎ込み、国家の存立を最優先しているので間も無く完成するかもしれません。
アメリカのトランプ大統領の決断次第で、近い内に北朝鮮を叩き潰す可能性が高まって来ました。北朝鮮は日本国内の米軍基地を攻撃すると公言しています。
この様な厳しい状況下でも民進党は森友問題を最優先し、国民の安全など二の次という呆れた対応をしています。賢い国民が民進党に対して冷ややかで支持率は下がる一方です。
最早、民進党は我国にとって北朝鮮並の敵対政党と成り果てたと思います。早く解散総選挙で民進党の息の根を止めて欲しいものです。

偽慰安婦像が1ミリでも動きましたか?

 マタマタ安部政権が韓国に対して理解不能な対応を見せました。釜山の慰安婦像設置を理由に駐韓大使を召還させましたが、未だ1ミリも移動させていないにも拘らず大使を帰任させると判断しました。韓国国民だけでなく世界は、日本の主張が間違っていたから、日本は自ら反省して大使を帰任させたと思うでしょう。
 100年前から朝鮮半島に対する日本政府の対応は間違ってばかりです。朝鮮半島に植民地らしく対処せず、併合したのだからという世界の常識とは異なる対応をした為、親が子供の面倒を見るのは当たり前という韓国の我儘放題を許してしまった結果が、現在の政府の対応を導いているのだと思います。朝鮮に対して宗主国らしく厳しい態度で接して来たら現在の朝鮮半島にはなっていなかったのではと思います。
 国内では媚中・媚韓の代表でもある自民党の二階幹事長が「大使を召還する事が間違いで、帰任させるのが当然」とコメントしています。如何に真っ当な国家を建設しようと国民が望んでも、与党の自民党幹部がこの様な発言をする事こそが大問題である事は間違いないと思いませんか?産経新聞を除きマスメディアは挙って二階の発言を支持しているのですから今回の政府判断は間違っているのです。

公明党との連立解消の機会が!

小池都知事と公明党が都議選で手を握り、自民党を裏切りました。そろそろ自民党が公明党に三下り半を突き付けるタイミングが迫っています。
現在、自公政権が3分の2を確保出来ているので憲法改正と期待しても、公明党が懸命に自民党の足を引っ張り、9条の改正など夢物語としか思えないからです。中途半端な憲法改正などで、お茶を濁している暇は有りません。
都議選との同日選挙で自民党が背水の陣で臨めば、民進党と都民ファーストを纏めて叩き潰す可能性は充分有ると思います。民進党は間違い無くガタガタになるでしょう。民進党を左右に分裂させ、長島昭久などのグループと維新の会を取り込み、公明党など捨て去って仕舞えば良いのです。
シナや朝鮮半島の状況を考えると1日も早く解散総選挙を実施すべきです!