スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番の売国奴・中曽根は自分が犯した大きな国家的犯罪を国民に対して謝罪しなければなりません。そして大勲位を国家に返上して自決すべきではないですか?

 昨日15日の終戦記念日に民主党の閣僚全員が案の定、去年に続き靖国神社へ参拝しなかったようです。民主党の次期代表選に出馬意欲旺盛な野田財務大臣は「靖国神社に合祀されたA級戦犯は戦争犯罪者ではない」という妄言を繰り返しながらも不参拝です。野党時代の野田は自民党に対して同様の質問をしていました。ならば、当然閣僚であろうとも否、閣僚だからこそ信念を貫く責任が有る筈ですが参拝する素振りも見せずに知らん顔です。こんな男が次期総理候補の筆頭ですから、自民党が民主党と連立を組む事の愚かさを指摘しているのです。

 極論と取られるかも知れませんが国家の為、先の戦争で尊い命を捧げられた英霊の皆様が祀られている靖国神社へ参拝しない人間は、基本的に国会議員になる資格を与えてはならない法律を作るべきだと思うほどです。世界中探しても「戦没者に対する尊敬の念を表する事」に対して批判する日本の様な国は有りません。石原都知事が「あいつらは日本人ではない!」と言ったそうですが、民主党だけではなく自民党の河野太郎を始めとする左巻きの売国奴は「真の日本人」と認める訳には行きません。自民党の国会議員で靖国神社へ参拝しない奴は、党として除名するほどの強い覚悟を持たない限り保守政党と認める訳には行きません。

 毎年悔しい思いをするのですが、大勲位を授けられた元総理の中曽根の愚行が、毎年のシナや朝鮮に靖国参拝反対運動の口実を与え、日本の国益を著しく毀損させて来ました。中曽根の風見鶏外交が国家としての尊厳を日本から奪い去ったのです。一番の売国奴・中曽根は自分が犯した大きな国家的犯罪を国民に対して謝罪しなければなりません。そして大勲位を国家に返上して自決すべきではないですか?
スポンサーサイト

コメント

No title

日本の政権の中枢にいる国務大臣がここまであからさまに日本政府の内情を語る。

 これを称して売国奴というのではないか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。