スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻め所を一箇所に定めて徹底的に追及して辞任に追い込み解散させるべきです。

 衆参議会の遣り取りを見ていて、どうも野党の攻め方が下手としか思えません。例えば菅政権の元では復旧復興が進まないから辞めろと馬鹿の一つ覚えしか言いません。他人が何と言おうと本人は「先程言ったとおり相当程度復旧は進んでいる」と本気で思っているのですから単なる水掛け論に終始するのです。参議院の山谷氏が追及した外国人からの違法献金は間違い無く法律違反をしていて、まずいから返却した事は認めているのですから「領収書を出せ」と言う事より、その違法性を徹底的に攻め込む事の方が有効だと思います。知らなかったから金を返せば済む様な生半可な罪では有りません。国家を売る事に繋がる重大な違反なのですから重罪です。それも国家を代表する総理大臣が外国人から違法献金を受けていた事が明白なのですから即刻辞任するだけでなく、国会議員の資格さえ剥奪すべき売国奴です。何故でしょう?外務大臣の前原でさえ即刻辞任しました。より責任の重い総理大臣ならば尚更です。更に極左団体で北朝鮮の日本人拉致犯罪の関わった人間の子供が所属している団体等に、菅自ら事も有ろうに堂々と支援金として2億円以上支払った事も認めているのですから、攻め所を一箇所に定めて徹底的に追及して辞任に追い込み解散させるべきです。理由が違法献金で辞めさせられれば「脱原発」での解散など出来る筈が有りません。もう少し頭を働かせて責めなければ任期満了まで居座り続け日本は本当に壊れてしまいます。自民党の責任は相当重い事を肝に銘じて戦わなければ日本が無くなって仕舞います。
スポンサーサイト

コメント

原発事故の教訓は何か――三つの角度から考える

原発事故の教訓は何か――三つの角度から考える
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-22/2011072204_01_0.html

東北地方太平洋沖地震が発生した時に東電会長はマス
コミ幹部を連れた支那を旅行中、東電社長は関西を旅行
していた。  原発爆発で暴落した東電の株式を支那の
投資グループが大量に買い込んでいる。
社長が原発爆発後に陣頭指揮を執るために自衛隊機を
使って事故現場へ急行したが、しかし防衛大臣が自衛
隊機を引き返させために原発事故対策は遅れた。
地震発生の翌日3月12日に韓直人首相は福島第一
原発を視察する。  内閣は支那と朝鮮の国際救援隊
だけを空港へ出迎えたのは何故か。
一連の不審な動きと今回の地震が海外報道で人工地震
と報じられている事からも事実を解明して民主党内閣と
東電の犯罪の有無を明らかにしなければならない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
爆発させた原子炉と爆発した原子炉では、その対応は大きく異なる。
脱原発キャンペーンのために福島第一原発を爆発させたのなら
日本民族にたいする許しがたい犯罪である。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。