海江田が九電社長に対して「馬鹿総理は辞めないけれど、ここはお互い責任を取って一緒に辞任しよう!」と言えない所に海江田の卑劣さが有るのです。

 九電の「やらせメール」事件の責任を求め、海江田経産相が社長に対して辞任を要求しましたが、何か変な感じを持った人は多かったのではないかと思います。他人には厳しく自分には優しい卑怯さを感じるのです。先ずは自分自身の責任を明確にしてから他人への要求をすべきでしょう。更に親分の菅直人に対して何は兎も角、即日辞任を要求すべきで立場でしょう。公開の国会の場でベソをかきながら自ら責任を取ると言いながら大臣の権力にしがみ付き、とても他人に対して言えるセリフでは有りません。破廉恥政党・民主党の本質を暴露しているだけの事です。この様に簡単な事さえ分からない人間が日本の政治を司っているのですから、大震災の復興が更に原子力事故の後始末が出来る筈が無いのです。海江田が九電社長に対して「馬鹿総理は辞めないけれど、ここはお互い責任を取って一緒に辞任しよう!」と言えない所に海江田の卑劣さが有るのです。

 素人以下の政治力しかないガレキ政党・民主党に対抗出来ない自民党の情けなさには腹が立ちます。世間では大連立して谷垣総裁を総理に据え、復興事業を推進すべきとの意見が有りますが、私は大反対です。谷垣以下今の自民党執行部の連中にその様な難問を解決出来るとはとても思えないからです。自民党さえ纏め切れない谷垣が暫定総理になって何が出来ると思いますか?精々難問だけを押し付けられ、上手く行かなければ責任だけを被らされ国民の顰蹙を買い、挙句の果てに自民党の悪宣伝ばかりが誇張されマスコミに叩かれ、最終的には国民に見放される結末を迎える事でしょう。今自民党が為すべき事は強力なリーダーシップを持った総裁に交代し、政権奪還の出来る執行部体制を築き上げる事だと確信しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)