スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この男は国民の不幸を最大限利用してでも総理の座を手放したくない権力亡者なのです。

 最近の政界の動きが余りにもバカバカしく虚しさばかりが募り、菅直人を批判する事さえ苦痛に為りました。テレビで菅の顔を見る度に吐き気さえ感じる今日この頃です。自民党の浜田とかいう裏切り者がノウノウと記者会見している姿を見た鳥取の有権者はどんな気持ちに為っているのでしょう?何の功績も実力も無い1年生議員を一本釣りする事で自民党を怒らせ、審議が進まないようにする魂胆は見えています。国会審議が進まなければ当然法案が予定通り採決されない事態は容易に想像出来るので、その分延命出来ると思っているのでしょう。ここまで自分の権力の延命を図る為、なりふり構わなかった総理大臣が過去に居たでしょうか?万一、3法案が成立しても原子炉の状態が安定していないので、お得意の目途が付くまで粘るかも知れません。兎に角粘って居座っていれば、浜岡辺りに大きな地震が来るかも知れない。不幸な出来事を利用してでも、自らの先見の明を誇示して来年の9月まで総理の座に居座る積りかも知れません。この男は国民の不幸を最大限利用してでも総理の座を手放したくない権力亡者なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。