日本の政治家が目先の我欲に囚われず、国家そのものの真の復興を目指す競争をして欲しいものです。

 自民党の大島副総裁は「菅首相の下では協力の体制は出来ないので退陣を求めてきた。新しい体制になれば、自分達にも責任がある。民主党は一日でも早く新しい体制を作って欲しい」と要求。協力の方法については「閣内、閣外など色々有る」と述べ、大連立の可能性にも言及した様です。どうも菅直人が辞めさえすれば全て良しとし、大連立に前のめりになっているようです。民主党の政策や体質が根本的に間違っていた事が復興作業の停滞を招いている大きな原因で、菅直人が辞めたからと言って改善出来るものでは有りません。民主党の無能力な政治家による政治主導という馬鹿げた政策が迅速な被災者支援を妨げているのは間違い有りません。3倍もの人員を抱えている民主党と大連立して自民党が主導できるとでも思っているのでしょうか?党内でも纏まらない崩壊寸前の民主党と連立を組む事が被災地ばかりでなく国家にとって正道だと、とても思う事は出来ません。

 「解散総選挙をやっている暇は無い」という言葉がメディアを中心に盛んに流布されていますが、連立政権内での権力争いで様々な揉め事が頻発し、却って無駄な時間を浪費する可能性が高いのではと心配しているのです。復興対策で大きな金額が動く様々な事業での利権争いに参加する為の連立内閣だと思っているのは私だけではないでしょう。政策の違う政党同士が連立を組めば国会で問題点を追及出来なくなり国民にとっては決して喜ばしい事では有りません。日本の政治家が目先の我欲に囚われず、国家そのものの真の復興を目指す正しい競争をして欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

【放射能漏れ】1、2号機の中央制御室で停電 福島第1原発

【放射能漏れ】1、2号機の中央制御室で停電 福島第1原発
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110608/dst11060815490009-n1.htm

東京電力によると、8日午後2時20分ごろ、福島第1
原発1、2号機の中央制御室の照明が停電した。

外部電源や電源車が有るのに、電力会社の東京電力は
この様な危険な状態で2号炉の爆発を誘発する行為が
故意による措置であると言わざるを得ない。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
簡約版はこちらをカッチとね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)