メディアの訳の分からない世論調査の誤魔化しに気付きましょう!

 当てにならないマスコミの世論調査で「今この時期に首相を代えている場合ではない」と主張する国民?が45%も居るとテレビや新聞で報道されていますが、どう考えても理屈に合わないのです。菅内閣の原子炉事故や被災者に対する支援だけでなく復旧の遅れに対する不満は80%を軽く超えているからです。発表する各メディアもその事の矛盾を一切指摘しないのですから可笑しな現象です。何故かと考えてみると、殆ど全てのメディアが「今この時期に首相を代えている場合ではない」との枕詞を使っているからだと合点がいきました。インタビューを受けている殆どがこの枕詞を利用して答えているのです。見事にメディアの戦略に洗脳されている事を証明しています。メディアが正確な報道をしないで左翼政権を全面的に裏から支援し、国民に正確な判断資料を提供しないだけでなく、間違った情報で国民を洗脳すると言う大きな罪を犯しているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)