スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180度政策の違う政党同士の連立は混乱するだけでは?結果、自民党は責任を押し付けられるだけ?

 ズル菅の後任を巡り与野党共にソワソワしている雰囲気が有ります。岡田、枝野、前原、野田、仙谷等の名前が出ていますが、岡田は幹事長として采配した全ての選挙で記録的な大敗を喫したにも拘らず未だに責任を取らずに居座り続けています。枝野は原子炉事故の対応で平気で嘘を付き続け、多くの福島県民に放射線を浴びせ続けました。前原は韓国人と分かっていながら違法献金を受け続け、外務大臣を更迭されたばかりです。野田はレンポウと共に前原に紹介された脱税ヤクザ屋さんから献金を受けた事が発覚しながらも財務大臣の職にしがみ付いています。仙谷はシナに迎合し続けるだけでなく、今や大多数の国民に感謝され尊敬の的となった自衛隊の事を「暴力装置」と言い放った左翼弁護士で日本語も満足に遣えない売国奴です。

 こうしてみて見ると、後継者と噂されている民主党の全員が国家観の無い犯罪者にも近い男達ばかりです。よくもこれだけの売国奴達が5回以上も連続当選して来たものです。更に節操の無い原口までもが代表選に色気を出しているのですから、菅直人を放逐したとしても似たり寄ったりのガラクタばかりで些かの希望も持てそうに有りません。如何に日本の政界にマトモな政治家が居ないのか改めて驚くばかりです。

 自民党の石原幹事長は連立話に異常なほど積極的な発言をしています。更に大島は仙谷と密会を重ねている情報が流されています。民主党とは基本的な政策が180度違うのですから今以上に混乱する可能性が大きくなりそうな予感がします。民主党の事ですから問題点が起きる度に自民党のせいにするでしょう。自民党は知恵を絞って解散せざるを得ない状況を作り出す努力に精を出した方が結果的には早く復興すると思うのです。どう考えても官僚を上手く使わずに早い復旧・復興が出来るとは思えません。
スポンサーサイト

コメント

No title

「神の代に 神の通いし 道なれや 雲井に続く 天橋立」

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。