スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野党の完敗でした。敵ながら菅直人の最後の粘り腰には学ぶべきものが有ります。

 売国小沢の命も尽きました。案の定、親分でありながら愚劣な小沢は不信任決議案の採決に堂々と賛成せず、欠席するという何処まで行っても最後まで卑劣な男でした。本当に腐り切った男です。リーダーとして最低の見本を示し、政治生命も尽き果てた事は喜ばしい限りです。今後菅内閣は今まで以上に茨の道を歩く事でしょう。参議院では当然問責決議案を菅直人に突きつけるでしょうから法案の成立は一層困難となり、菅内閣の寿命は風前の灯となりました。

 内閣不信任案が否決されたのですから、完敗した谷垣総裁を始めとする執行部は交代すべきだと思います。優柔不断な谷垣総裁は昨日の党首討論で頑張ったのですから、これを花道として辞任すべきです。自民党が再生するには現執行部では余りにもひ弱で頼り無いからです。特に期待されていた石破の日和見さには辟易していました。石原もオヤジとは比較出来ない程の小物なので暫く雑巾掛けでもやるべきでしょう。今回の不信任案提出劇で自民党の甘さが顕著となりました。敵ながら菅直人の最後の粘り腰には学ぶべきものが有ります。菅が辞めない限り復興の目処など何年経っても立つ筈が有りません。長期政権にならない事を祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメント

指定弁護士が反論書提出 「公訴棄却」主張に

指定弁護士が反論書提出 「公訴棄却」主張に
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110602/trl11060211520005-n1.htm

政治は国民の生命と財産、権利、自由を守るために有権
者の負託を請けて行なうものである。 有権者を騙し、法
律に違反した行為を行う者は政治家の資格は無い。 
即刻政界を去れ。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。