スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍元総理に菅のズルさとしぶとさが有れば何年も続投出来たと、敵ながら褒めたいほどの粘り越しに脱帽です。

 土鳩が狂い舞っています。朝令暮改ならぬ朝礼昼改そのものの無責任男・鳩山が二転三転した挙句、不信任案に反対すると言い出しました。菅総理は「この大震災に取り組む事が一定の目処が付いた段階で、私がやるべき一定の役割を果たせた段階で、若い世代に責任を引き継いで行きたい」とあくまでも総理の座にしがみ付こうとしています。こんなセリフを信じる間抜けが何処に居るのでしょう?能力の無い菅に一定の目処を付けられる筈が有りません。と言う事はこの期に及んで任期一杯総理の座に座り続ける事を表明した事になります。安倍元総理に菅のズルさとしぶとさが有れば何年も続投出来たと、敵ながら褒めたい程の粘り腰には脱帽です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。