スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卑怯者退治の時が来ました!いよいよ与野党の正念場を迎えました。

 今、故郷・鹿児島に来ています。西郷隆盛、大久保利通の銅像を見ながら現在日本を動かしている与野党問わぬ政治家の貧弱ぶりに改めて感じ入っています。政治家を目指す人間なら、自国の歴史を徹底的に勉強し、理想とする先輩政治家を目指している筈です。自分が国家のために何を為すべきか、子孫の為にどの様な国家を作り上げるべきか、他国からの攻撃に如何に対処して国家・国民を守り切るか、等々やること為すべき事の大きさに耐えるだけの勉強と心身の鍛錬に、一般の国民とは比較にならないほどの強さで耐えきる覚悟を持ち続けなければなりません。ただひたすら己の未熟さを隠すためのパフォーマンスに精を出し、手柄話だけを自分だけで独り占めし、失敗した事は全て部下に責任を押し付ける我が国の総理大臣は将来歴史に残るかも知れません。今日からの国会審議で菅直人の無責任な言動に対するけじめを付けられなければ自民党を始めとする野党の存在は有りません。卑怯者退治の時が来ました!いよいよ与野党の正念場を迎えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。