スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後東電が、万一「男・吉田所長」を更迭するような暴挙を犯したら、我々国民の怒りは政府と東電幹部に対して燃え盛るでしょう。

 いやはや呆れ返りました。福島原発の1号機への海水注入が一時中断したと発表しましたが、実際には同原発の吉田所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と独自に判断して注水を継続していたそうです。本店の指示に反し、現場が独自の判断をしていたとして吉田所長の処分を検討するようです。無能な政府のご機嫌取りの間違った判断による指示を守る事を優先させようとした東電幹部こそ処分すべきで本末転倒と言わざるを得ません。指示系統のあり方と事故対応をめぐる連携の悪さがが問題こそが問われるべきで、マトモな行動をした吉田所長の処分などもっての外です。
 更に吉田所長は「新聞や国会で話題になっており、IAEA(国際原子力機関)の調査団も来ていることから、事故の評価解析は正しい事実に基づいて行われるべきだと考えた」と説明し、事実を明らかにしたと言っています。今後東電が、万一「男・吉田所長」を更迭するような暴挙を犯したら、我々国民の怒りは政府と東電幹部に対して燃え盛るでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。