スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情け無さにも程がある我が国の総理大臣・菅直人は「世界中の笑い者」で歴史に名を残す事でしょう。

  残念ながら予想通り、日中首脳会談を行った菅直人首相はシナの温家宝首相対して、尖閣諸島問題で「尖閣」の言葉を一切使わず「海上の危機管理体制を構築したい」と語っただけでした。いくらキュウリを食べて頂いたからと言って国家の主権を侵された大事件を被害者自らウヤムヤにする国民の代表が何処に居るでしょう。この事だけでも国家観の無さを見事に証明しています。

 当然と言えば当然ですが韓国の明大統領に対して竹島近海の施設建設について強く講義する事も無く、韓国国会議員が北方領土に上陸すると言う主権侵害に対しても無言だったようです。予告されている段階で強く抗議しなければ、当然敵は黙認したと理解するのは当たり前です。実行されてから子分の外務大臣に「とても遺憾だ」で終わらせる魂胆でしょう。情け無さにも程がある我が国の総理大臣・菅直人は「世界中の笑い者」で歴史に名を残す事でしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。