スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党政権で「内閣官房参与」が雨後の竹の子同様殖え続けた理由を解き明かす事柄となりました。

 先稿で指弾した劇作家の平田オリザ内閣官房参与は東京電力福島第1原発事故の汚染水の海洋放出は「米国からの要請」とした自らの発言について「他の事柄と混同したもので、事実ではない。撤回して謝罪する。関係各位に、ご迷惑をかけた事をお詫び致します」とお詫びのコメントを発表しました。他の事柄と混同したのなら、何と混同したかハッキリ示し、その馬鹿さ加減を世間に披露すべきです。この程度の薄ら馬鹿が内閣官房参与という肩書きで世間で通用するのですから、今後内閣官房参与の地位の酷さを証明する言葉として定着するのでしょう。今後辞書を改定する時「内閣官房参与とは間抜けな馬鹿者」と書き換えられるのではないかと思います。民主党政権で「内閣官房参与」が雨後の竹の子同様殖え続けた理由を解き明かす事柄となりました。万一私に「内閣官房参与就任要請」が有ったら気持ち良く断る理由が出来てホッとしています?

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。