スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝野幸男!この男の話す言葉はイカサマ弁護士の特徴である論理矛盾で誤魔化す手法そのものです。

 間抜けな枝野官房長官は、西岡参院議長が誰もが分かり易い理由を挙げて、ドン菅直人の退陣を要求した事について「様々な政治家が政局を含めて色んな事を言うのは当然だが、内閣を預かる立場としては、東日本大震災や東京電力福島第1原子力発電所事故の影響で大変苦労している皆さんが沢山いる状況だ。政府として果たしうる責任を最大限果たす事に尽きる」と述べ、首相退陣を拒否しました。こんな言い訳で通ると思っている枝野は真正の馬鹿じゃないでしょうか?その場凌ぎの無責任な言動で事態を悪化させているからこそ、言い切った退陣要求に対する答えになっていない事さえ理解出来ない大馬鹿野郎と言えます。この程度の男が幹事長を務める民主党政権に自民党が太刀打ちでき無い事を嘆くしかない国民は不幸の極みです。

 さらに恥の上塗りとも言えるセリフを吐きました。「政府として果たすべき責任の中には、この間の対応の経緯を国民に理解が得られるまで説明を尽くす事も含まれている」と話しました。説明をされるまでも無く国民は見限っているのです。説明責任を果たす事で理解を求めようとしても、大方の国民が政府の遣り方を信用していない現状でいくら訴えても聞く耳を持てないでしょう。この男の話す言葉はイカサマ弁護士の特徴である論理矛盾で誤魔化す手法そのものです。お前に騙されるほど日本人は馬鹿では有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。