スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員を辞めるといいながら自ら発した前言を簡単に翻すボケ鳩の言葉を信じるお人好し等、最早世界中捜しても居る筈が有りません。

 ウソツキ売国枝野官房長官は「ウィキリークス」の公表文書に、21年末時点で米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する米公電があったとの一部報道について「不正な方法で外交上の機密と称せられる文書が公開されたのは極めて遺憾だ」更に「政府としてはコメントも確認も一切しない。米政府も同様だと聞いている」と話しました。当時総理だったボケ鳩はこの報道について完全に否定しています。当事者が明確に否定しているのですから、有らぬ噂なら当然政府として確認して完全に否定すべき重大な事柄だと思います。もしこの報道が事実であれば沖縄県民に対する重大な裏切り行為で許されるものでは有りません。その場凌ぎしか出来ない民主党政権の特徴を見事に表わす失策だと誰しもが思う事件です。国会議員を辞めるといいながら自ら発した前言を簡単に翻すボケ鳩の言葉を信じるお人好し等、最早世界中捜しても馬鹿嫁以外一人たりとも居る筈が有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。