スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日も早く解散して責任ある政府を作り上げるしか日本の復興は望めません。

 菅総理のリーダーとしての無能力さと無責任さに付いては自分でも嫌に為るほど追及し続けて来ました。好い加減諦め掛けていたところ、同じ党内の小沢一郎が「初動の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は今後、さらなる災禍を招きかねない」と強く非難し、「被災者への対応は遅々として進んでいない」「政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか」と私の代わりに批判しています。小沢自身が今頃になって自分のお尻にも火が付き始めた事に焦りを感じているのかも知れません。

 ボケ鳩総理と売国小沢コンビの時も今より批判された事すらお忘れになり、鳩と小沢の金権疑惑政治で国民の支持率が急降下し退陣を余儀なくされ、いまや党員資格停止状態の哀れな野良犬同然の小沢の遠吠えに聞こえなくは有りません。ボケ鳩と共に共同声明を出す積りでしたが、土鳩と化したボケ鳩は何処か遠くへ飛び去って仕舞ったようです。今や往時の権勢も雲散霧消して自民党に縋っている姿は盛者必衰そのものに映ります。最早民主党の誰が総理になろうとも国民は現政権の無能力加減を痛いほど感じているのですから、マトモな国民の団結力を充分発揮出来そうに有りません。一日も早く解散して責任ある政府を作り上げるしか日本の復興は望めません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。