スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿面総理の記者会見をテレビで見る勇気は有りません。

 一日遅れの記者会見を開いたドン菅さん。自衛隊の最高責任者が最初に話した事が自衛隊の災害救助に対する感謝の言葉でしたが、自衛隊の事を暴力装置と貶し、防衛予算を切った事の反省の言葉は有りません。自ら犯した民主党政権の過ちをこの機会に謝り、国難に際して国家防衛の大事さと防衛費の増額を国民に訴えるべきでした。福島原発の初期対応の拙さも正直に認め、己の未熟さを真摯に認めた上で、自ら退陣する覚悟を国民に伝えるべきでしたが、全く反省の無い予想通りの下らない記者会見でした。

 記者の質問に対して、自分の不利になるような質問には全く答えず「逃げ菅とズル菅」の本領を発揮していましたが、業を煮やした産経新聞記者の阿比留氏に「今、様々な対策が遅れている一番の原因が総理だ。退陣する考えは無いのか!」とズバリ質問され「阿比留さんと私の見方は違う」と恥しげも無く言い放ってマトモに答える事さえ出来ない有様でした。評価と言うのは他人がするもので、自分勝手に自己満足して伸子と二人だけで馬鹿夫婦がお互いを褒め合う事では有りません。この史上最悪の馬鹿総理は何処まで行っても恥知らずの愚劣な男です。このバカズラを流石にテレビで見続ける勇気が無くラジオで聞いているしか出来ない異常さに苦笑するばかりでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。