スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中曽根、森そして海部など痴呆老人の徘徊が日本国を滅茶苦茶にしています。

 中曽根、森そして海部の言葉で左傾し、小泉の一喝で正気を取り戻した谷垣自民党総裁の信念の無さとリーダーシップの欠如はドン菅と相似形に見えます。石原幹事長も同様で一時大連立に乗りかかったくせに、今日の報道では真反対の意見を述べています。これで下らない大連立の話が終焉するとは思えません。大島、石破を始め何人かの自民党の実力者は閣僚就任の打診という人参が目の前にチラついて諦めていないと思います。統一地方選を戦っている自民党の地方議員にとって本部の執行部のフラツキは迷惑この上ないと感じている事でしょう。中曽根、森そして海部など痴呆老人の徘徊が日本国を滅茶苦茶にしています。

 今朝の自民党参議院・世耕議員が「民主党が内閣を明け渡し、自民党の経験と知識で国難を乗り切りたい位の提案でなければ話に乗れない」と言っていました。ドン菅が飲むには殆ど無理な条件だと思いますが、その位の迫力ある条件提示を自民党はするべきで「座る席が無いので3席追加したのでどうぞ!」とエコノミーシートを用意され、喜び勇んで座るような議員等サッサと掃き棄てるべきです。野中が自民党から離脱したそうです。復興事業で一儲けしようと企んでいるのでしょう。この男は死ぬまで汚い金を追い続ける覚悟を示しました。この執念には脱帽です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。