スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下と計画停電。改めて敬慕の念を強く感じる爽やかな朝でした。

 今朝の産経新聞を見て久し振りに爽やかな気分を味わいました。それは計画停電の記事で、皇居でも我々の地域と同じ第1グループの停電実施日に自主的な停電を実行されていたと言う記事を目にしたからです。我々国民の不自由さを共有する為、天皇陛下自ら行われていた事を知り感動したのです。一日2回の計画停電の不自由さに周囲の仲間と共に東電に対する無計画停電について不満を述べ合っていました。最後に確認する言葉は「東北地方の被災者の事を考えたら、この程度の不自由さは感受しなければ被災者に対して失礼だ」で納得していました。頭の片隅に東京23区は特別扱いで停電は行わないのは不公平との認識が有りました。停電を実施されていない23区内の皇居で自主的停電を実施し、暗い中でのお食事も経験されている天皇家に改めて感謝感激し、今まで以上に天皇家に対する敬慕の念を強く感じる素晴しい朝でした。
スポンサーサイト

コメント

即応予備自衛官が集結 25日に陸自大津駐屯地から被災地へ出発

即応予備自衛官が集結 25日に陸自大津駐屯地から被災地へ出発
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20110325/CK2011032502000126.html

編成完結式に臨んだ高知市の小南博資二等陸尉(44)
は精神科医で、1歳7カ月の長男と3カ月の次男がいる。
妻からは「子どもは里帰りして育てるから、大丈夫」と送り
出された。

【世界の皆が見守る被災地の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht0.cgi

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。