スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張っている自衛隊の活動を見て「暴力装置の仙谷」は何を思う?

  国難とも言える東北太平洋地震で被災者だけでなく、外国の救援隊はもとより自衛隊や消防を始めとする国内の救援作業が第一の今、自民党や公明党が1週間ほど休戦(国会を休会)しようと与党に申し入れをしたにも拘らず岡田幹事長は拒否しました。何よりも政府が先頭に立って国民に安心を与えるべき時、予算の成立だけしか頭に無い民主党政権の危機感の無さに国民は怒るべきです。バラマキ23年度予算を徹底的に見直し、被災者の安心や被災地の復興事業へ力を入れ変える絶好の機会です。批判されている子供手当て、高速道路無料化などのバラマキを撤回するチャンスです。民主党は幹事長として無能で頭の硬い岡田を即刻追放しなければなりません。

 自衛隊の隊員が各地で頑張っています。「自衛隊は暴力装置」と叫んだ仙谷はこの光景を見て何を感じているのでしょう。菅総理は10万人の自衛隊派遣を防衛省へ要請しました。3分の1の以上の自衛隊や警察、消防隊員が昼夜違わず厳寒の中で必死に頑張って国民の期待に応えようとしています。我々も他人事と考えず、救難活動で頑張っている皆様に感謝し、支援しなければ為りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。