スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラ管とイラ岡のツートップの競演が始まりました。

民主党の岡田克也幹事長が25日、横浜市で開かれた党神奈川県連パーティーで、衆院選マニフェスト(政権公約)見直しに理解を求めたところ「挙党態勢をちゃんとやれ」「マニフェストを守れ」などと激しいヤジが飛んだ。会場が騒然となる中、岡田氏は「誰が見ても出来ない事をいつまでも出来ると言うのは、まさしく国民に対する不正直だ」と応酬した。

  どうせ正直に言うならば「誰が見ても出来ないマニフェストを掲げて選挙をする事は、まさしく国民に対する詐欺行為でした」と言うべきでした。2万円ものパーティー券を無理矢理売り付けられた仲間にヤジられ、頭に来た幹事長が思わず吐いて仕舞いました。全国各地で民主党を脱退する動きが活発になっています。主義主張が全く異なる選挙互助会政党の成れの果てが現在の民主党の姿として端的に現れています。兎に角体系的な勉強をして来なかった民主党議員に大きなツケが回ってきています。各方面から追及されて無知ゆえに思い付きで喋り、その結果時間を浪費して「熟議の国会」からドンドン離れて八方塞状態に陥りました。最早ニッチモサッチモ行かない国会運営でギブアップ寸前の菅内閣は消滅するしか有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。