スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の左翼独裁政権を倒すには解散総選挙という素晴しい武器を国民は持っています。

 中東諸国が大揺れに揺れています。独裁政権が将棋倒しの如く惨めな終末を迎え出しました。思いもよらない事態はある日突然現出するものです。シナに飛び火するのも時間の問題で、案外早く内乱状態となりそうです。ソ連の崩壊が突然起きた時と同じ様な状態になりそうです。今やシナ人の4億人がインターネットを使っていると言われています。いかにシナ当局が取り締まっても、中東諸国の政変の情報を完全に遮断出来る筈が有りません。シナの全国各地で中東同様の暴動が大規模に起った場合、シナは天安門事件と同じ様に、更にリビアに倣って国民に対して銃口を向ける事でしょう。人民を3億人殺しても大した事は無いとうそぶける共産党の体質が簡単に変わる筈が有りません。独裁政権の権益に群がる共産党軍はその甘い汁を吸う為なら人民の命などゴミ屑の如く扱うでしょう。世界の民主国家の非難など屁とも感じないシナ独特の道を歩き続ける事がいつまで出来るのか、想像出来ません。日本の左翼独裁政権を倒すには解散総選挙という素晴しい武器を国民は持っています。
スポンサーサイト

コメント

竹島の日、民主議員が式典初参加 日韓両国が領有権主張

http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022201000673.html

反日売国政党民主党には、竹島の日の式典
出席者は渡辺周氏ら2名しか居ない。

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。