スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボケ老人・藤井「記憶は有るが認識していない」の一点張りで正に認知症患者そのもの!

 菅政権に対する政治不信が沸騰点に達しようとしています。ズル菅は小沢に対してのケジメを3ヶ月以上放置し、ケジメの責任を岡田に押し付け、岡田は自分の責任と言いながら最終的には役員会に押し付ける有様です。民主党は責任感と言う言葉だけが浮遊している無責任内閣と言われても仕方有りません。リーダーの菅総理が自分の身分を第一に考えるエゴイスト故か、肝心の予算案を通す為の努力がどこにも感じる事が出来ません。痛いところを突かれると突然怒り狂った態度に変身し、人間としての未成熟さを表しています。

 昨日の藤井官房副長官の答弁を一般国民はどのような気持ちで見ていたのでしょうか?「記憶は有るが認識していない」の一点張りで正に認知症患者そのもので、議会軽視も甚だい態度で終始しました。余程不味いお金だったと正直に告白していると思われても仕方有りません。頭隠して尻隠さずそのものの猿芝居でした。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。