スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日も早く解散させる力は国民に有る事を自覚しましょう!

 31日の今日9時から民主党で予定していた衆院予算委員会が開かれていません。基本的質疑の日程を中井洽委員長の職権で一方的に決めた為、野党側が反撥した結果です。口を開けば「熟議の国会」と言いながら、民主党の独裁振りを入り口から発揮しています。更に本来謙虚であるべき国対委員長の安住が野党に対して横柄な態度で批判するに至っては呆れ果てるばかりです。軽薄そのものの元NHK記者・安住程度の男しか国対委員長を務められる人間の居ない民主党の人材不足に驚きます。永年野党として権力を持つ経験が無かった為か、その反動としか思えない見苦しいほどの醜い権力を誇示しています。

 マスゴミは早速野党を批判して、権力側に擦り寄りつつあります。万一、予算だけでなく関連法案が国会を通らなくとも野党が協力しなかった結果だと、野党に責任転嫁する段取りを始め出したのでしょう。マスコミの役目は権力批判が大きな目的ですが、マスコミ自身が政治権力を上回る権力を獲得している現状は民主主義を破壊しつつあります。本来マスコミが政府を追及し公開させるべき尖閣問題のビデオは、一海保隊員の愛国的な勇気有る行動で、国益を守る為に自身の職を掛けて国民に情報を公開しました。更に一部のマスコミは海保の隊員に対して批判する有様でした。未だにビデオの半分しか公開されていません。逮捕時の様子を見ればシナの漁民と称する偽漁民の正体と、海保が如何に危険な思いをして命懸けの仕事をしているかも国民に報せる責任が有る筈です。

 山際氏の検察への告発でビデオの後半が公開される可能性が高まってきました。検察や警察に頼れなくなってしまった日本の現状は偏に民主党の独裁的で傲慢な政権運営に大きな原因が有ります。権利ばかりを主張し、本来担わなければならない義務を部下に押し付ける卑怯な態度を続けていると、民主党ばかりでなく日本の未来は有りません。この様な左翼的な日本になった契機は、自民党時代に社会党の村山を推し立て、連立した平成7年である事に間違いは有りません。大きな問題は自民党時代の権力ばかりに執着し、保守本来の生き方を放棄した結果が、現在の民主党政権誕生に大きく寄与している事を反省しなければ自民党にも期待出来ません。

 予算編成が出来ず、様々な混乱が起きても、ここは我慢して堂々と経済的な不利益は甘受する覚悟を国民が持てれば、政治家の目を覚まさせる事が出来るかも知れません。国民の民度が民主党を選んだのですから我慢するしか無いのですが、一日も早く解散させる力は国民に有る事を自覚しましょう!
スポンサーサイト

コメント

第177回国会衆議院予算委員会を見ています

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40763&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。