スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島を実効支配する為、今すぐ日本が実行すべき対策。

 尖閣諸島の実効支配策として、島の平坦な部分での石油掘削を即刻実行すべきです。掘削技術者の安全を守るために自衛隊を駐留させれば一石何鳥にもなります。漁民を守る為の港の整備や冷凍施設の建設(電源はソーラーや風力等)など出来る事はいくらでも有ります。特に石油掘削は海上で行うより様々な面で有利だと思うのです。一刻の猶予も有りません。出来れば台湾と共同でやればシナに対する圧力にもなり、台湾独立の切っ掛けともなるでしょう。もっとも、馬総統を「桜肉」にし、国民党の崩壊が前提では有ります。
 
 子供手当てで浪費するよりも、資源開発に力を入れるべきで、メタンハイドレード等の開発も100年先まで安心出来るエネルギーと言われています。折角、世界有数の開発能力を我が国は持っているのですから、指を咥えて待っている状態では有りません。日本人はイザとなれば物凄い力を発揮出来る民族です。その「イザという時」が来ています。残念ながら売国民主党政権が続く限りシナに対して、その怖さに身を竦めブルブル震える事しか出来ないでしょう。何故なら国益を他国(シナ)に捧げ、苛められる事に快感さえ持ちかねない左翼政党だからです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。