スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルにでも出来る反省の出来ない民主党に鉄槌を!

 14日には皇居で「歌会始の儀」が行われる事を承知の上で、鈍菅総理は継ぎはぎだらけの内閣改造を優先し、又もや皇室を蔑ろにしました。御高齢の天皇陛下へのご負担よりも、自分勝手な売国的民主党の思惑を最優先させ、更に諸外国との会談をキャンセルしてまで強行するという破廉恥行為を断行しようとしています。今後もヒタスラ自己の利益を最優先し、皇室の存在など無視し続ける事は間違い有りません。民主党にとってシナのご機嫌を取る事が、皇室に対する敬愛精神より格段に優先させる事が常識となりました。恐ろしい事です。
 
 民主党政権になって1年半を振り返り、尖閣・北方領土問題で散々国益を損ない、子供でさえ反対するような子供手当てを自画自賛し、挙句の果てに「野党が協力しなければ歴史に対する反逆行為だ」とまで言い出す始末です。鈍菅達が野党時代、理不尽で耳を塞ぎたくなるほどの汚い言葉で自民党政治に対して罵っていたくせに、イザ政権を奪い取った途端、権力をかさに遣りたい放題の独裁振りを発揮し、国民から見放されている現状を認識出来ない憐れな姿を晒しています。サルにでも出来る反省の出来ない民主党に鉄槌を!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。