スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守系国会議員の皆様!正月気分に浸っている暇は有りません。打倒民主の年です!

 民主党政権が着々と国民を騙す為の準備をしています。二匹目のドジョウを狙って今までに無い強気な態度で小沢を追い詰めています。更に、仙石と馬渕の処遇も視野に入れた内閣改造で党内の混乱を鎮めようと画策しています。生贄にした小沢を切って、支持率アップのドジョウを釣上げ、日干しにしようと画策しています。菅内閣になってから尖閣問題、国後問題が立て続けに起りました。小沢が居たから外交問題が起きた訳では有りません。仙石主導のシナに対する腰抜け外交が大きな原因で、ロシアにまで飛び火した結果で支持率が大幅に急降下したのですから専ら菅と仙石に大きな責任が有ります。故に、小沢切りでけで支持率かアップし、政権が安定する訳が無いのですが、小沢をスケープゴートとして国民の目の前に捧げて喝采を浴び、総理の座を死守する算段でしょう。

 約半年前、国民はこの手ですっかり騙されました。1年も経っていないのでまさか騙されるような事は無いと信じたいのですが、左巻きの地上波のテレビや新聞が一斉に民主党の体質改善が進んだと、間違ったイメージを国民に吹き込む事と思います。予算関連法案が暗礁に乗り上げた場合、野党の反対で国民生活が大きな打撃を受けたとアピールする事でしょう。1%の支持率でも総理を辞めないと思っている菅の事ですから、何を仕出かすか分かりません。「窮鼠猫を噛む」の心境で国家の事など歯牙にも掛けず、保身に邁進する事でしょう。不利な状況で解散などする筈も無いので、追い詰められて行くのが自民党を始めとする野党陣営となる可能性も否定出来ません。民主党が党内のゴタゴタで右往左往している今こそ、自民党は党内の結束を強め、地方選や万一の衆院選に対する手立てを熟慮し、行動する事に専念し大きな力を発揮しなければなりません。相手のミスを論(あげつら)っている暇は有りません。正月気分に浸っている暇は有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。