スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の春、全国的に行われる地方選が楽しみです。

 自民党の政策に対して全て否定する事で、さも明るい未来が訪れるかの如く作り上げた民主党の政権公約の主要な項目が、悉く反故されて自民党時代より悪くなっています。予算案にしても昨年末の自公政権時代に出来た予算だからとして言い訳をしていましたが、来年度予算の策定では赤字国債を抑えたと言いながら、積立金や剰余金を使い放題して、万が一の災害や金融危機に対する準備金にまで手を出して国民を欺いています。無駄の見本とも言える子供手当て、高速道路料金の値引き、農家の個別補償更に売国的政策の朝鮮学校へ対する授業料の支援等、票になりそうな所には後先考えずにばら撒く大衆迎合主義一辺倒の徹底振りです。

 今日の報道では、野党時代盛んに言い続けていた「目玉マニュフェスト・政治主導」を達成する為、恐れを知らない無能政治家が官僚を締め出す為に強行した事務次官会議の廃止でしたが、流石に素人集団でしかない民主党のボンクラ共が今頃になって己の能力の無さを認め、白旗を上げ、事務次官の能力に縋る事を決めたようです。官僚政治が必ずしも良いとは思いませんが、無能力の民主党議員に我々の運命を預ける事の危険性の方が何倍も高くなるのは当然です。特に仙石は自分が犯したミス(尖閣問題で顕著に現れましたが)を悉く官僚に責任を押し付けている事位、賢い国民は見抜いています。このところ各地で行われている地方選で可哀相な程、民主党候補が惨敗を喫している事が何より国民感情を表しています。来年の春、全国的に行われる地方選が楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。