スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用失墜してから連立を拒否しても、失った信用は取り戻せません!

 「立ち上れ日本」が連立参加を拒否したそうです。今頃になって拒否も有りません。疑わしい動きを与謝野がしている事ぐらい誰でも分かっていた筈です。与謝野以外の議員全員が反対したとの事ですが、若し与謝野が勝手に動いたとすれば党の信用を著しく貶めた責任も同時に追及し、彼に対して離党勧告では済まない除名処分も併せて発表すべきでした。但し、平沼代表も与謝野の動きを知りながら民主党との話し合いの場に参加したとの情報が間違いなければ、代表としてのケジメなり党の解散まで含めた責任は取るべきだと思います。

 平沼代表を信じて行動した候補者や、支援者に対する責任を負うべきだと思うのです。参院選で私達は懸命になって支援者獲得に精を出しました。今回の不祥事で様々な方から苦情を受けています。我々が最も蔑んでいる民主党延命の手助けに、一時的であろうとも心を動かされたとしたら裏切り行為でしか有りません。ここまで信頼を失墜したら最早解党して出直すしか道はないでしょう。今回の様な節操無き行動をするようでは平沼氏の率いる「立ち上れ日本」は「立ち腐れ日本」に成り下がって仕舞いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。