スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢の息の根を止める為に与野党協力すべき時が来ています。

 海保職員の処分が発表されました。国民の大多数が停職処分を受けた海保職員・一色氏に対して感謝の念を持っている反面、一番の犯罪者である仙石がノウノウと生き続けている事に大きな不満と反感を持って報道を聞いたと思います。仙石が行った媚中行為のビデオ非公開が如何に日本国の国益を毀損させたか計り知れません。然しながら国家機密漏洩という後付の理屈で逮捕まで強行された一色氏が停職処分とされ、辞職までしなければならない理由が分かりません。彼の勇気ある行動で全国民がシナの漁船の暴挙をシッカリ理解出来、世界中にシナの破廉恥行為を広報出来たのですから、彼に対して国民栄誉賞を授与しても不思議では有りません。民主党政権になって売国的行為が許され、国家の利益を追求する事が恰も悪い事だと言わんばかりの対処に終始している感があります。

 大方の国民が疑問を持っている小沢問題も、検察の不作為を感じた一般国民が検察審査会でシッカリ「起訴すべき」との判断を示しました。国民は健全な精神と判断力を維持しています。本来国家の安全と国民の安心を追及すべき国会議員が、政局のみで右往左往している姿ばかりを見せ付けられている国民だけが、大きな損失を蒙るトンでもない状況に有ります。歴史上最も日本国を貶めた小沢が、万一政界で生き続けられたら国家の崩壊をくい止める事さえ出来なくなります。小沢の息の根を止める為に与野党協力すべき時が来ています。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。