スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の反日マスコミは「マスゴミ」として焼却処分しなければなりません。

TS3E0321.jpg


 昨日、日比谷公園で行なわれた「頑張れ日本」の集会とデモ行進は約4500名の愛国者が参加しました。今迄にない大勢の一般国民が参加し、政府の腰抜け外交とシナの独裁政権に対する強い抗議を示す一大デモンストレーションでした。その様子を如何に報じているか楽しみに、今朝は4時半に起きて先ず読売新聞を隅から隅まで捜しましたが、何処にも一行たりとも記載されていません。驚きです。5時過ぎに産経新聞が届きました。恐る恐る広告を抜き去り一面を見ました。一面トップに集会の模様を報じる大きなカラー写真が堂々と掲載されていました。二面にも関連記事が大きなスペースで詳細に記されていたのです。

 前々回のデモの時、海外メディアが大々的に取上げたにも拘らず、日本の新聞・テレビ全てのメディアが黙殺しました。その時は産経新聞さえも報道しなかったのです。余りにも情け無い産経の報道姿勢に強い抗議の電話を掛けました。前回のデモの報道は改善されました。今日の記事には大満足です。やや保守系とされる読売の報道姿勢には大きな疑問を感じます。読売の購読を止めたいと思う程不愉快な気持ちです。改めて産経新聞のマトモさを感じています。余りにも正直に民主党の本性を書く為、最近仙石は目くじらを立てて産経新聞を苛めています。今こそ産経新聞の拡販に協力すべきです。シナへ進出している大企業やパチンコ業界等の媚中スポンサーに気を遣い、真実を隠し、捻じ曲げた報道を恥しげも無く繰り広げるNHKを始めとする日本の反日マスコミは「マスゴミ」として焼却処分しなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。