スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンスが来ました!尖閣問題やロシアの行動は日本の覚醒を促すサインです。

 尖閣諸島や北方領土更に竹島等、日本国の領土・領海が侵されつつある今、民主党内にも尖閣に自衛隊の駐留を求める団体が生まれている現在、自民党は何をしているか全く広報されていません。大規模災害以上の国難に対応する覚悟を国民に訴えなければならない大事な国会です。補正予算が衆院で通るのは数の力で当然だから反対しても意味が無い、とも思えるような言葉を披露している石原幹事長は何を考えているのでしょうか?

 緊急事態の尖閣問題で防衛予算の増額を認めさせる絶好の機会を逃すようでは話になりません。自民党が何でも反対の旧社会党や民主党の真似をして、野党の存在をアピールするようでは国民の期待等得られる訳が有りません。シナやロシアに侮辱され、国際的にも頼りない国だと烙印を押されるような民主党政権の継続は、日本が国家として存在し続ける事さえ不可能にして仕舞いそうです。自民党内に生息している民主党の左巻き以上の売国議員(加藤や河野)の存在が、保守政治を壊し続けているのですからサッサと追放するか分裂して「真の愛国政党の樹立と団結」を図って国家の尊厳を保って欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

拉致:韓日の国会議員13人が問題解決に向け協力(上)

http://www.chosunonline.com/news/20101103000026
「北朝鮮による拉致問題解決に向けた国際連合大
会」に出席した両国の国会議員13人は2日、ソウル
市中区のコリアナ・ホテルで朝食会を兼ねた会合
を開き、拉致問題解決に向け共同で努力すること
で一致した。

日本から自民党の古屋圭司衆議院議員、山谷えり
子、塚田一郎両参議院議員、民主党から松原仁、
北神圭朗、長尾たかし各衆議院議員、平沼赳夫
たちあがれ日本代表の7人の国会議員が出席した。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。