スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左巻きの仙石は何処まで行っても売国・媚中政治家です。

仙谷由人官房長官は1日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のビデオ映像の全面公開について「いろんな配慮から良くないと考えている」と否定的な見解を示した。
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31日の両日に行った合同世論調査によると、78・4%が「早期に国民に全面公開されるべき」との結果が出ていた。
 仙谷氏は記者会見で「国民が公開、公開といいながら何を望んでいるのか。テレビで(映像を)一斉に流したり、インターネットをかけめぐることをイメージして支持しているなら、私の立場からはよくないと考えている」と述べた。(産経)

 左巻きの仙石は何処まで行っても売国・媚中政治家です。言っている事が理解出来ないのは私だけでしょうか?「いろんな配慮から良くないと考えている」色んな配慮とは何を指しているのですか?「シナ様のご機嫌だけ」だと、誰もが分かっているのです。国民の代表が政治家ですが、80%近い国民が望んでいるビデオの公開を、頑なに拒否し続ける仙石の思い上がりには、民主政治のカケラも有りません。

 自国の国民の要望より、シナ様のご機嫌伺いを優先する仙石官房長官はサッサと辞任すべきです。まるで、仙石総理だと言わんばかりの振る舞いに、民主党内から何の批判も聞えて来ません。野党も馬鹿の一つ覚えの如く小沢の喚問ばかりの合唱をしていないで、国益に直結する尖閣問題を大きな攻め所として民主党政権を追い込んで欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。