スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアに倣ってシナのゴロツキ主席が尖閣に立ち寄るかも知れません。

 「メドベージェフ大統領がわたしたちの島を訪問したということは、ロシア領土である証明だ」。1日に歴史上初めて、ロシアの国家元首の訪問を受けた国後島の島民は一様に歓迎。一方で国後島に向かう大統領機を見守った日本外交官は「日本はなめられているのか」と苦渋の表情を浮かべた。(産経)

 過去一度も訪問した事の無い国後島にロシアの大統領が上陸したようです。何故今回上陸したのでしょう?日本の政権が変わったからだとしか思えません。事に依ると前総理のボケ鳩がロシアに行った時「この程度の人間が総理になれる日本など何の抵抗も見せないだろう」と値踏みされたに違い有りません。更にそのキッカケは尖閣問題の民主党の対処に有った事は明らかです。この様にして虎視眈眈と自国の利益を獲得するのが政治家の仕事です。

 「日本列島は日本人だけの物ではない」とボケ鳩が世界に向けて宣言したのですから、ロシアが北方領土を奪う事に躊躇する筈が有りません。国家のトップが馬鹿なメッセージを発信すると、今回の様に自国の領土を奪われてしまうのです。ロシアに倣ってシナのゴロツキ主席がAPECに来る前、尖閣に上陸して「日本列島は日本人だけの物ではないなら、こんな小さな尖閣位でいちいち文句を言うな!」と頭ごなしに怒鳴り付けるかも知れません。

 自国の領土を守る事は政治家に課された最低限守らなければならない義務です。曖昧な言葉で決着出来たと勝手に解釈したら、そこに付け込み、何でも掠め取ろうとする輩ばかり跋扈するのが国際関係では常識だと言う事を、素人の民主党議員は理解出来ていないのでしょう。日本にとって命綱の尖閣を守り切れない様では日本列島がボケ鳩の予言通りシナの属国に成り果てるのに、それ程時間は掛からないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。