スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒際国家・シナとの関係は程々にしなければ大火傷を負って命の危険さえ有ります。

 シナで反日デモと称される日本企業に対する集団破壊活動が各地で起きつつあります。日本での反シナ・反民主党のデモが起きる度にシナでは反日デモが盛んになる面白い現象がシナ政府に圧力を掛けつつあります。賃金の低いシナ内陸部で日本製品の不買運動が起きていると報道されていますが、大学を卒業しても就職出来ない連中に高価な日本製品を買う事が出来る筈も有りません。シナ政府に対しての不満を反日運動という言い訳で鬱憤を晴らしているだけの話です。この調子でシナの各地で大規模な騒乱が頻発してきて一番困るのはシナ政府ですから自業自得と言うしか有りません。

 共産党の独裁政権の基で経済だけは資本主義の良い所取りを企んでも旨く行く筈が有りません。如何に言論統制してもインターネットの普及で真実を隠し通せるものでは有りません。同じ国に住みながら沿岸部と内陸部の経済格差が10倍20倍と開いている現実をいつまでも傍観し、許容する事など出来る筈が有りません。それ程の時間を要せず、国内の統一が困難になって来るでしょう。特に日本企業の工場や店舗でストライキは頻発し、事有る度にデモに依る破壊活動で企業活動が困難になる事は誰でも予測出来る事です。いつ法律が変わり、身ぐるみ剥がされてしまうかも知れない不安を持ちつつ営業を続ける必要は有りません。常識の通じない後進国シナとこれ以上付き合っても碌な事は有りません。

 シナへ進出している日本企業はサッサと撤退して日本国内での企業活動を再開するべきです。国内の雇用も増え、フジタの様に社員が逮捕され拘束される危険も無くなります。シナとの交流を半分に抑えても日本企業が困る事は有りません。共産主義という独裁的で大きなリスクを抱えている毒際国家・シナとの関係は程々にしなければ、大火傷を負って命の危険さえ有ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。