スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金美齢先生 外国人政権反対国民集会



スポンサーサイト

コメント

日本人の危機感は正しい

日籍華人参政支援協会
http://rjhr.duan.jp/
「人権擁護法案」の悪影響です。
インドネシアで「華人差別禁止法」が成立しましたが、これによって、華人が政治的影響力を増した事は事実のようです。
「海外脱出」中国人がカナダで大暴走 ノンフィクション作家 河添恵子
http://blog.goo.ne.jp/publicult/e/f4f0b0377e00cecb18f2d101716c8e20
>民主主義国家であるカナダでは、市民権を獲得しさえすれば、政治の世界にも口出しできるからだ。
 バンクーバー島の南端、ビクトリア市の市長は中国系、リッチモンド市の地元有力議員も中国系で、国政にもかかわっている。
また、某メーカーの日本人女性社長はこう警鐘を鳴らす。
「日本人は順法精神があり、その国のルールを守る反面、『政治はお上に任せればいい』という考えで参加しない。中国系はそうではない。やりたい放題やっておいて、自分たちがマジョリティになると、こんどは自分たちに都合のいいルールを決めて、押し付ける。いまや人数も増えており、同じ利益に向かって団結するため、カナダ社会の影響力も増している」

No title

小林よしのり・西村眞吾両氏は参政権には反対しかし、
国籍法など緩和すればいいと発言しているようです。
民族性とは、タレントとかのキャラチェンジとは違うのですから、年月を経て真剣に向き合って変えるものでしょう。
日本の日常生活に慣れただけではダメだと思いますし、日本の文化、伝統などに愛着、愛情、同一性など持てないのなら、なおさらすべきではないと思います。安易にすると、2,3世に悪影響が出ると思うし、逆に日本を閉鎖的だ、とか言って逆恨みされるのも困ります。
民族固有の権理という認識が国民に無いのが問題です。道理も立たないのに、皆やってる、世界にみとめられる、国際化など日本人が弱そうな言葉や情動に付け込んで要求されても付与しません!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。