スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経団連や経済同友会の売国奴達は子供達に対して恥しくないのか?

 シナに脅迫され言いなりになっている日本の姿を見て子供達は何と思うのでしょう?日本から様々なハイテク部品を輸入しなければ立ち行かない偽物作りのシナに対して、もっと毅然とした態度が何故出来ないのか不思議でなりません。日中間の貿易を見ても日本が輸出しなければ成り立たない戦略物資はいくらでも有るはずです。国家と日本人の誇り等、ドブに捨てる感覚で捨て去り、恥しげも無く金儲けばかりを求めている経団連や経済同友会の売国奴達が、同じ感覚の売国民主党を裏から操り、表から釈放した事を評価している事が今回のシナの横暴を許した大きな原因です。

 暫くの間、国民も我慢しなければなりません。日本がシナと絶交しても飢えて死んでしまう程の厳しさになる心配は有りません。今現在、国家存続の為、圧制と飢餓に耐えている北朝鮮の国民を日本人は見習うべきかも知れません。我々一般国民が取り得る対抗措置としてシナ製品の不買運動です。シナ人でさえ敬遠するほどの危険でニセモノだらけのシナの製品をボイコットする事でダメージを少しでも与える事が、庶民の取り得るせめてもの抵抗です。一見効果は小さいようでも1億2千万の日本人が力を合わせれば大きなインパクトをシナに与える事が出来るのです。一月一人千円でも12000億になるのです。1年で1兆円を超える打撃をシナに与える事が出来るのです。その分日本人の作った素晴らしい製品が売れるのですから一石二鳥の効果が有ります。国民も今後ならず者国家・シナに頼る事を止めて、国産品を愛しましょう!
スポンサーサイト

コメント

No title

問題の根幹は年次度要望書を只黙って受け入れてきた、歴代の内閣と総量規制通達を出しバブルを崩壊させた土田正顕、すぐに手を打たなかった橋本内閣にある。
無為無策で、どうしようもなくなり経済懇談会なるものを設置し、財界人を政府の中枢に取り込んだことが原因である。
規制緩和を叫び、地方の商店街をシャッター通りにした竹中平蔵、どさくさに紛れ政商として自社の利益誘導した宮内義彦、このようなシロアリがエコノミスト、財界のリーダーとしてマスコミに出る事事態、異常である。
価格破壊などとはしゃいでいたが、異常な価格をつけていたものが正常に戻っただけであった。
マスコミが価格破壊とはしゃいでいた裏で、物の価値が著しく下がり、格安製品を使い捨てにするしかないのが現状である。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。