スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組の反日思想教育を我が孫が受けました。日教組との戦いを宣言します!

 昨夕娘から「次男が学校で、昔、日本はアジアで戦争をした悪い国だった」と教えられたので「ジーちゃんに聞いてみたら」という事で、電話が有りました。早速電話を変わってもらって孫と話しをしました。戦争当時の世界の情勢や植民地の意味等を説明するのは大変だとシミジミ感じました。孫はまだ小学4年生ですから私の説明をどの位理解できたのか甚だ頼りないのですが、「日本が悪い国ではない」事だけは教える事が出来たと思っています。小学校の段階からこの様な自虐史観を教える今の学校教育に驚きを隠せません。未だ幼い小学4年生の子供達に「自分達の国は悪い国だ」と先生が教えている国が何処に有るでしょう!日本人としての誇りを持たせ世界に羽ばたく勇気を与える事こそが教育だと思うのですが、日教組主導の反日教育の実態が身近に起きている現実に大きな危惧を持たざるを得ません。

 先程、市の教育委員会に電話で問合せしました。取りあえず担当者に事の推移を話し、責任者の返事を待っている段階です。子供達は親からすると学校に人質を捕られている状態ですから中々先生に抗議出来ません。その弱みに付け込んで幼い内から洗脳教育をしている現実を目の当たりにして、これを契機に教育委員会と徹底的に話し合い、少しでも日教組の影響をそぎ落とし、戦って行こうと思っています。今、伊藤玲子先生とも連絡を取り合いました。藤沢は湘南教組の勢力が強い地域で生半可な抗議だけでは太刀打ち出来ません。仲間の皆さんと共に大きな力で問題の解決を図って行ければと思っています。ご協力の程宜しく御願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。 まとめてみました。

☆ 日教組の嘘   http://blog.goo.ne.jp/deception_2010/e/c088a30077482e2190f30df733b3e458

>戦争当時の世界の情勢や植民地の意味等を説明するのは大変だとシミジミ感じました。

私も教えていただきたいです。 頑張りますので、よろしくお願い致します。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。