スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢が西郷で、菅が高杉?朝からフザケルナ!

 チャンネルを捻ると毎回同じ事の繰り返しを喋っている民主党の代表選報道番組に辟易しています。全く公共電波の無駄使いとしか言えない様な不毛の論議を流し続けるテレビ局の神経に苛立ちさえ感じます。一般国民には何の意見も言えなく、選択権も無い民主党の代表戦を流す意味が解かりません。小沢の作り笑いに酷暑にも拘らず寒気を感じ、菅の不安げな表情とそれを隠すかのようにやたら元気そうに振舞っている姿が、益々この国を奈落の底に落とし込んでしまう予感がします。菅も小沢もその面相は貧乏神に抱き付かれたかの如く、日本の国の代表者として最も似つかわしくない気がします。

 今朝のテレビで小沢が西南の役の西郷隆盛と大久保利通の話をしていました。「西郷さんは情の人」「大久保さんは理の人」で「自分はどちらかと言えば西郷さんだ」と言っていましたが、薩摩が故郷の私にとって不愉快極まりない発言でした。「私利私欲の代表・小沢」がいよいよ欲ボケ痴呆症になったのかと思わせるセリフを吐きました。片や、菅は高杉晋作だと思っている様で,いい加減自惚れる事は止めて欲しいと思うばかりです。菅と小沢が共通している売国感覚と、私利のみを追求している輩が自ら、恐れ多くも明治維新の志士と比較する神経に鳥肌が立つ程、不愉快な思いをしています。今日は朝から売国奴の小沢と菅の発言で嫌な思いをしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。