スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月15日、売国奴・中曽根元総理は己の大罪を全国民に謝罪すべき!

 売国奴・岡田害矛(害と矛盾)大臣が靖国神社に参拝しないとのことです。A級戦犯が合祀されているからだと無知ぶりを発揮しています。本当にA級戦犯が合祀されているからと思っているとすれば歴史の勉強を一切していない事を自ら認めたとしか言い様が有りません。とっくの昔に裁判とは言えない東京裁判で裁かれた戦犯は、日本の国会で全国会議員の賛成を得て全員無罪となった事さえ知らない大馬鹿者だと言えます。この程度の連中が大臣をやっているのですから民主党が売国政権と言われても仕方有りません。岡田辺りの売国奴に参拝して欲しいとは思いません。神聖な靖国神社が汚されてしまいます。

 未だにA級戦犯という言葉で参拝を拒んでいる国会議員は、、茶番ともいえる東京裁判を正当だと信じている訳ですが、当時の歴史を1日でも真剣に勉強すれば如何に酷いやり方で裁かれたか誰でも解かる筈です。本当は解かっている筈なのです。
 
 総理大臣としてシナの圧力に屈した中曽根が一番の戦犯で決して許すことの出来ない売国奴です。大勲位などもっての外で大売国奴として死刑になっても仕方ない程の大罪を犯しました。中曽根の売国行為で如何に戦争で尊い命を国の為捧げられた英霊の皆様方が傷付けられたか、如何に国家の尊厳や誇りを喪失させられたか、中曽根によって計り知れない日本国の国益が奪われてしまいました。
 今年の8月15日、中曽根は、せめて生きている内に天皇陛下をはじめ全国民に己の大罪について心を込めて謝罪すべきだと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

日本の政権の中枢にいる国務大臣がここまであからさまに日本政府の内情を語る。

 これを称して売国奴というのではないか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。