スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫問題は終わっていません!宮崎を皆で支え合いましょう!

 口蹄疫(こうていえき)問題で、種牛への殺処分勧告の取り消しを求めて、訴訟を起こす構えを見せた高鍋町の畜産農家、薦田長久さん(72)は7日、県庁で開いた記者会見で、「何とか種牛を残して、宮崎の畜産再生のために使ってほしい」と訴えた。
 薦田さんが飼育する種牛は、2000~06年に生まれた6頭。これまでに同町周辺の農場で年間約700頭の子牛が生まれたほか、県外に年間約2000本の精液ストローを出荷しているという。
 薦田さんは会見で涙ぐみながら、「いいものをつくることが、地域の発展にもつながるという信念で、人生を懸けて取り組んできた」と、種牛への思いを吐露。そのうえで「守ってもらえるなら、牛の精液をただでやってもいいと思っている」と述べた。
 同席した代理人の弁護士は、口蹄疫対策特別措置法に盛り込まれた知事の殺処分勧告について、「急速かつ広範囲にわたるまんえんを防ぐため、やむを得ない必要がある時」とした規定に触れ、「解釈は厳密にすべき」と主張。 さらに「勧告は6月29日に出されたが、同18日以降は口蹄疫の感染は確認されず、県は非常事態宣言の解除も検討していた。ワクチン接種の対象地域にいるだけで、感染していない牛にも殺処分を勧告するのは誤り」としている。<読売新聞より転記>

 口蹄疫問題に対してズル菅は充分に対策は講じたと嘯き、100点とは言えないが自ら充分合格点を与えられると発言し、顰蹙を買っています。口蹄疫問題の対処で一番大切な対策は初期対応です。赤松前農水大臣の無責任な行動が上記の記事が報じるような悲惨な事態を生じさせているのです。民主党の連中に猛省を求めたいのですが、先稿の「やまと新聞」が報じるように、冷酷なセリフを吐く売国議員に聞く耳は持合せていないでしょう。

 先程連絡が有ったのですが、私の所属している某奉仕団体が口蹄疫問題で困窮されている宮崎の畜産業者の皆様へ義捐金を送る事が決まったそうです。10日ほど前の会議に「やまと新聞」を添付して御願いした結果、250万円の義捐金を送らせて頂く事となりました。「やまと新聞」の地道な現地取材が大勢の仲間の心を動かす事になりました。とても嬉しい事です。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。