スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みんなの党」のゴマカシと「たちあがれ日本」の真実!

 「みんなの党」の支持率が上がって来たようです。第2民主党と言われていますが当たり前です。国家の運営を担う国会議員を選ぶ選挙の公約(目くらまし言葉アジェンダ等と言い換えて国民を騙す)に安全保障の重要さを記載しないような政党が信用出来る筈が有りません。
 
 渡辺代表が声を大にして「民主党との連立は有り得ない」と言い張っています。あそこまで言い切るのだから連立は無いだろうと思うのは甘いと思います。渡辺は親子だから残念ながら親父に似ています。仮にズル菅が言葉巧みに「副総理格で如何?」と囁いたとしたら瞬間的に「イエス!」と答えるでしょう。人並み外れた権力志向の強い男です。国家の為とか何とか屁理屈を並べ立てて擦り寄る事に間違いは有りません。彼の過去の発言で「国家観」を語った事は有りません。いつも「官僚の悪口」ばかりの言葉遊びしか記憶に有りません。

 シッカリとした国家観の下、国家の将来を心配し、日本の良さを語り、子供や孫世代に安心を与える為に真剣に取り組んでいる政党は「たちあがれ日本」しか有りません。残念ながら今は少数政党ですが、年寄り政党と揶揄されながらも、国の将来に危機感を感じている若者の支援は多くなっています。有り難い事です。まだまだ日本のマトモな若者達は大勢居ます。残念な事に我々団塊世代の危機感の無さに驚きを感じ、情け無くなります。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。