スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前に独裁政権が着々と迫っている事に気付きましょう!

鳩山政権が三党連立で発足して僅か9ヶ月過ぎた段階で、三党の党首が全員討ち死にした政権が歴史上存在するのでしょうか?本来ここまで国民の信頼を失った政権が解散もせず、のうのうと政権の座に座り続ける神経には呆れ果てる以外有りません。それにしても民主党本体のメンバーは全く変化が無く、新総理が前政権から政策の間違いをそのまま引き継ぐと明言しているにも拘らず、支持率が3倍増になる事自体不思議な国家と言わざるを得ません。
 国民の6割が痴呆症になってしまったのか、メディアが世論調査の結果に手を加えたとしか思えません。民主党が先の衆院選で掲げたマニュフェストの内、実行出来た事は何でしょう?ガソリン値下げ隊まで繰り出して騒ぎ立てたガソリン暫定税率の廃止、高速道路の無料化、子供手当ての実施そして普天間問題の解決等々目玉政策の全てが実現出来ていないにも拘らず小沢が幹事長を辞任しただけで支持率が回復する事自体可笑しな出来事としか思えません。更に小沢の政倫審への出席もうやむやにしています。民主党が政権を取ったら独裁政権になるのでは?と危惧していましたが正に、その様な状態になっていると思います。メディアに対して可也圧力を掛けているとしか思えません。その辺りの疑念に対する調査を徹底的に行い、野党陣営が証拠を提示出来なければ今後更に強権を発動して来る事が想像出来ます。目の前に独裁政権が着々と迫っている事に気付きましょう!
スポンサーサイト

コメント

No title

救国ネット有楽町マリオンの街宣に聴衆として参加してきました。
熱い、暑い演説でした。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。