スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様方への御願い
当会は現在の日本の政治状況に危機感を抱いた藤沢近郊の一般市民が正に止むに止まれぬ思いで昨年7月1日に発足させて頂きました。
アメリカのGHQ占領下に押し付けられた憲法の下、60年以上経過しました。その間、アメリカという他国に大事な国の安全を委ね、専ら経済のみを追求してきた結果が国家としての尊厳を無くし、国民から誇りを奪い去り、武士国家から商人国家ならまだしも恥知らずで守銭奴の醜い姿を世界中に晒しています。
その結果として真の独立国家ならば第一に守るべき自国民を見殺し、他国に拉致されても救出する事も出来ない、情け無い国に成り下がってしまいました。
 アメリカの占領目的に沿った憲法を、60年経った現在まで後生大事に守っている国は、日本以外世界中探し廻っても有りません。押し付けたアメリカも占領を解除し、独立を認めた段階で当然日本人の手で憲法を作ると思っていたにも拘らず、未だに放置している現実に驚いていると言われています。
 国家の安全を如何にして守り通し、真の独立国として堂々と世界に対峙して行けるかを考え、国民に日本人としての誇りを与え続ける事が何よりも優先すべき政治家の仕事だと思います。本来日本人は武士道精神に則る生き方を追求し、恥を知る誇り高い民族だった筈です。日本の素晴らしい伝統と歴史を子供達に教える事が出来ない日教組主導の教育環境を打破する事こそが、日本の再興に欠かせない重大な課題だと思います。
 講演会や勉強会を開催し、何故こんな日本になってしまったのか皆様と共に考え、答えを探し出す事が出来ればとの思いで会を設立しました。大勢の皆様と共に子供や孫の時代が素晴らしい日本に蘇える事を信じ、真面目に活動して行きたいと存じます。当会の設立趣旨をご理解戴き一人でも多くの仲間と共に草の根運動を継続出来れば幸いです。
「日本の安全保障と歴史教育を考える会」入会案内
運営費:本会の運営は年会費及び寄付金又は講演会の収入
年会費:12,000円(月額1,000円)
事務局:〒252-0804  藤沢市湘南台1-18-7  ℡・fax 0466-65-5555
「日本の安全保障と歴史教育を考える会」
御振込先:三井住友銀行湘南台支店(普通)0119586
    日本の安全保障(ニホンノアンゼンホショウ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。