スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一刻も早く曖昧谷垣は退陣すべきです!

私の周りに前回の衆院選で自民党にお灸をすえる為に民主党に投票したと言う人が何人も居ます。7ヶ月経って聞いてみると「7月の参院選では絶対民主党に入れない」と言う人が圧倒的に多く感じます。当然自民党支持に変わったかと言うとそうでも無いのです。ですから、自民党の支持率が上がらないのは当たり前です。そこで、何故自民党の支持率が上がらないか?谷垣総裁率いる執行部の旧態依然とした対応でしょう。何処が民主党と違うのか?極端でも良いので目が覚めるような表現力で堂々と胸を張ってハッキリと自民党の姿を表現できれば良いのですが、その見込みが有りません。
 以前も話しましたが、保守本来の主張を万人向けで無くても良いので明確にすべきです。「公明党の支持は無用です」「安全保障の為の予算は近い将来世界標準まで引上げます」[国家の為に散華された英霊を祀る靖国神社に全党員で参拝します]「占領下で押し付けられた憲法は即刻無効とし、日本人自らの手で憲法を作り直します」「国家の安全を第1とし、防衛予算を世界標準まで引き上げます」等々ハッキリと宣言すべきです。
 然しながら、先に開催された外国人参政権付与法案に反対する1万人集会に残念ながら谷垣総裁の姿を見つけることが出来ませんでした。国民新党・亀井代表の独り舞台でした。売国的な法案に賛成するような党員こそ離党させるべきで、曖昧な体制の自民党に再生の道は絶望的です。一刻も早く曖昧谷垣は退陣すべきです.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。