スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲田防衛大臣の執るべき態度は?

 明日8月15日は終戦記念日です。稲田防衛大臣は予想通り靖国神社の参拝を取り止めました。理由が「安倍政権の閣僚」」だからだと明言しました。これは安倍政権にとって致命的な言葉だと思いませんか?今後マスコミやシナ、韓国から「安倍政権の閣僚なのに何故参拝するのか!」と批判されても仕方有りません。弁護士という言葉で戦うべき人間として余りにも軽率だと思います。国家、国民を守る最高機関のトップとして無責任だと思います。安倍政権の方針が靖国参拝を否定していると世界に公表した事となります。
 
 安倍政権の重要閣僚だからこそ安倍総理の代わりにあえて参拝し、言論で対抗し続ける事こそが稲田氏の執るべき態度だったと思いますが、如何でしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。