未だ生きていた小沢が惚けた繰言を!

 生活の党の小沢一郎代表は31日の記者会見で、みんなの党の渡辺喜美代表の8億円借入金問題について「世間に知られない形で政治に関係するお金を人様から借りたことがないので、分からない」と述べ、渡辺氏のこれまでの説明に疑義を呈した。

 今やその存在さえ忘れ去られ、何の影響力も無い悪党党首の小沢が惚けた事を喋ったようです。この程度の人間が政治家なのですから日本という大事な国家が蝕まれ、他国から軽蔑されるのは当然かも知れません。反日売国政治家がこれほど大勢居る国家が世界に存在するのでしょうか?日本人全体が戦後の悪しき教育で徹底的に洗脳され、心身ともに特に脳味噌が冒された結果、小沢を始めとする恥知らずな政治家を国民が増産させ、国家が衰退して来たのです。日本の誇りを取り戻す為に安倍総理が耐え難きを耐えながら孤軍奮闘しています。野党だけでなく、自民党内の反日勢力が最後の足掻きをしている今、我々善良な愛国者が精一杯支え続けなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)