毅然とした対応を世界中に示す絶好の機会だと思います。

 日韓首脳会談の開催をアメリカが強制し、その為に斉木外務次官が訪韓して韓国側の外交省次官と会談しましたが、話は平行線に終わり2日間の予定を繰り上げるだけでなく夕食会をキャンセルして帰国したようです。嘘八百を並べ立て日本の悪口を世界中に吹聴しまくっている朴韓国大統領と話し合う義務も義理も有りません。大体、日本側がわざわざ韓国くんだりまで飛行機代を払ってまで行く理由など有りません。現外務次官の斉木氏は外務省の中では異色とも思える筋の通った官僚で安倍総理の信頼を得ている人物です。夕食をキャンセルしたと聞いて思わず万歳三唱と喝采を挙げました。
 
 強欲で嘘吐きの韓国を優遇し、日本には我慢ばかりを強制するアメリカに対して反発できる政権が漸く誕生したのですから、日本人はより一層安倍政権を支持しなければなりません。依然として「アメリカ様を怒らすな」と自民党内でも安倍批判をする老害政治家がウヨウヨ生息しています。左翼はもとより、こいつ等を粛清しなければ、いつまでもアメリカの植民地として日本は存在し続けなければなりません。ここは毅然とした対応を世界中に示す絶好の機会だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)