スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「前向きな一歩」」傲慢非礼なアメリカからの脱却こそが安倍政権の命題です。曖昧な表現が国を滅ぼします。

 サキかサギか分からないけどアメリカの報道官が可笑しな発言をしています。サキは菅義偉官房長官が安倍政権の「河野談話を支持する立場」を明らかにしたとの認識を表明。慰安婦問題で日本への反発を強める韓国を念頭に、近隣諸国との関係改善に向けた「前向きな一歩だ」と強調しましたが、何が「前向きな一歩」か意味が分かりません。嘘八百並べる韓国政府の発言を一方的に信用し、日本の事を一緒になって批判しています。更に。「過去の歴史に起因する問題に取り組むよう、日本の指導者に促していく」と述べ、日本に一層の努力を求めています。こんな事を言っても良いのでしょうか?アメリカにとって過去の歴史に起因する問題を日本側が徹底的に検証し、真実を暴露したらアメリカの立場は大きく傷付くと思わないのかと首を捻ってしまいます。

 大東亜戦争で非戦闘員を大量虐殺し、国際法違反が明確な東京大空襲や広島長崎への原爆投下及び勝者による見せしめ
を目的とした東京裁判の真実を日本側が徹底的に検証した場合、果たしてアメリカはマトモに反論出来るのでしょうか?戦後レジームからの脱却を目指す事はアメリカによる占領下からの脱却を意味しているので大変困るのです。ですから、アメリカは安倍政権を潰しに掛かっているのが現状でしょう。日本の歴代政権はGHQの洗脳から脱する事が出来ず、アメリカの言い成りになって生温い平和を享受して来ました。アメリカだけでなく、ここまでシナや朝鮮に馬鹿にされても我慢する事を、果たして日本国民が望んでいるのでしょうか?政府が今までの様に曖昧な態度を継続し続けたら如何に穏やかな日本国民でも我慢の限度を越えてしまうでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。